退職をする時には円満に - 会社の雇用

会社の雇用 > 退職をする時には円満に
労働事情

退職をする時には円満に

退職を余儀なくする場合には、円満退社で辞めることが一番大切でしょう。
転職やその他の理由で辞める場合であっても絶対条件のひとつは円満退社だということです。
会社が設定している規約に基づいて退職の手続きを取りたいものです。

通常は、一か月前に退職願いを伝えることが必要とされています。
上司、客先など迷惑が掛からない様にすることが大切であり、次の仕事への影響を考えても円満に退職をすべきでしょう。
退職までに考えることは、計画を明確に立てることでしょう。
いつ退職を上司に伝えるのか、退職日を決めること、退職届の提出、仕事の後処理と引き継ぎといった手順で準備をすることが重要です。

できるだけ退職する際には、次の仕事を決めたうえで行いたいものです。
退職すれば雇用保険などで経済的には多少カバーできるでしょうが、次の就職先がない場合には、後で大変困った事態にもなりかねません。
ヘッドハンティングで退職を決めるのであれば別ですが、転職である場合にはできる限り次の仕事が決まった時点で退職をしたいものです。

pickup

ビーズ 卸

2017/10/19 更新

top