リストラとは何か - 会社の雇用

会社の雇用 > リストラとは何か
労働事情

リストラとは何か

リストラとは、英語で「リストラクチャリング=再構築」の略語として使われています。
実際の意味は、組織の再構築を行うことに使われる言葉ですが、実際に日本で使われている意味は、組織の不採算部門や部署の縮小のために、社員を解雇するといった使われ方をしています。
つまり、企業、組織から解雇されるといことを意味しています。

解雇は雇用主の一方的な労働契約の解除ということになりますが、通常の場合はまず解雇の説明を受け、希望退職も認められる場合があります。
それによって退職時に支払われる金額や条件も違ってくるようです。
解雇予告は30日以上前に企業、組織が社員に伝える義務があります。
30日以上前に予告なしに解雇された場合には30日以上分の平均賃金を支払うことになっています。

リストラという言葉が近年は使われていますが、以前は人員整理、合理化、生産性の向上、事業閉鎖、倒産ということで解雇されることも多々あったようです。
リストラの対象となった場合には、次の仕事の斡旋や支払われる諸手当等をしっかりと確認することが必要でしょう。

注目サイト

神奈川で人気の樹木葬

最終更新日:2017/9/11

top