雇用形態は様々になった - 会社の雇用

会社の雇用 > 雇用形態は様々になった
労働事情

雇用形態は様々になった

日本の雇用形態は十数年前までは、終身雇用制が一般的とされてきましが、ひとつの会社に一生涯勤務するのが、普通であり良いことだとされてきた時代は今では昔の話になったようです。
外資系企業の日本への進出や労働に対する規制緩和によって人々の働き方や雇用形態が大きく変化している様です。

どのような働き方や雇用形態が近年では出てきているのでしょうか。
具体的には正社員として昔同様に終身雇用で働く人が大勢いますし、そういった就職先が一番良いという認識も変わっていないでしょう。
しかし、そういった企業や組織に就職できずにいる人々も多くいる様です。

アルバイト、パートタイマー、契約社員といった様な正社員とは違う条件で働く人もいれば、派遣会社から派遣社員として一般労働者派遣、特定労働者派遣、紹介予定派遣で働いている人もいます。
人材バンクなどに登録して、良い条件があれば転職するといった人もいます。
自営業で起業する人、個人事業主としてフリーランスで働く人など働き方や雇用形態は、様々なものが増えています。

おすすめWEBサイト 5選

町田のおすすめ脱毛サロン厳選5選!

Last update:2017/10/19

top